Close

Not a member yet? Register now and get started.

lock and key

Sign in to your account.

Account Login

Forgot your password?

チャブ  // Posts tagged as "チャブ"

16 Apr Posted by in ヒントマスターズ | Comments

チェコの主要な釣りの種類。

チェコの主要な釣りの種類。

チェコの主要な釣りの種類。 チェコの川や湖で、何がヒットするでしょう? ヨーロッパの真ん中には50種類以上もの魚が生息しています。特に、その大部分は釣具を使って捕らえることができます。 チェコの民族的シンボルであり、またクリスマスの伝統料理であるのが、カープです。 その他、最近では、ナマズを釣る人口がかなり増えてきています。(有名なチェコのフィッシャーであるヤクブ・ヴァーグネル氏はヨーロッパオオナマズ釣りについて、400ページにわたる本を書いています。) ブリーム、ロアチ、シlヴェルブリームなどと言った魚は、もはや正真正銘の戦利品とはみなされないのです。 肉食魚の中では、ノーザンパイク、ヨーロピアンパーチ、ザンダーとアスプが優っています。とは言え、多くの釣り人達は、チェコで巨大な大きさを誇り、すべての川で見かけることのできるチャブ釣りに夢中ですが。 チェコには高い山がないものの、(クルコノシェ地方にある一番高い山々は、1600メートルに達するくらいです)マスのいる川や小河はとても多く、川マスやグレイリングの他にも、フライ・フィッシング、ルアーフィッシングではニジマスや、アメリカから運ばれたカワマスが釣れます。いわゆる「チェコのニンフ」が、まさにここチェコで現れたのには意味があるのです。 釣具を使って捕ると面白い魚の種類: コイ(鯉)(Cyprinus caprio)チェコのフィッシャーが一番好む種。ほぼどこででも釣ることができる。 テンチ(Tinca tinca)最も謎のある魚のうちの一つ。湖や池に住み、黄金色をしている。 ブリーム(Abramis brama)釣り人が好きな戦利品。大きな川や湖に住む。 ラッド(魚類)(Scardinius erythrophthalmus)美しく、子ども達が好きな魚。 よくロアチの近くに生息している。 ロアチ(Rutilus rutilus)ほぼ何にでも引っかかる。戦利品の一例であり、とても臆病。 フナ(鮒)(Carassius gibelio)テンチと共に生息する。温かな水を好む。夏によく捕れる。 ヨーロッパオオナマズ(Silurus glanis)チェコで一番大きな魚。夏の夜に、小魚をエサにして捕る。 ヨーロッパウナギ(Anguilla anguilla)ヘビの遠い親戚。5月から6月に非常にたくさん釣れ、日中にも捕れる。 シベリアチョウザメ(Acipenser baerii)輸入された種で、価値のある競争相手。ロシアチョウザメも同じ場所に住む。 ヨーロピアンパーチ(Perca fluviatilis)威勢がよく、美しい、群生する魚。よく、釣りのビギナーが最初に釣る。 ノーザンパイク(Esox lucius)川にいるワニ。戦利品の一例。釣り人の夢。 ザンダー(Sander lucioperca)川と湖の深層の騎士。とても美しくおいしい魚。 ブラウントラウト(Salmo trutta)細い川と浅瀬に生息する。どの時期でも昆虫をよく好む。 グレイリング(Thymallus thymallus)水がきれいで冷たいところにだけ住む。エレガントでやさしい魚。 ニジマス(Oncorhynchus mykiss)湖では戦利品にあたる大きさが釣れる。チェコにはアメリカから輸入された。 ソウギョ(Ctenopharyngodon idella)基本的に水中の植物を食べている。ボイラーでよく捕れる。 バルベル(Barbus barbus)川の大きな魚。幼虫やチーズでよく釣れる。ルアーフィッシングでも釣れるが。 アスプ(Aspius aspius)表面の食肉魚。大きなアスプでほとんど会うことができない。 アルブルヌス(Alburnus alburnus)群生する小さな魚。群に遭遇すれば、何百と釣ることができる。 カワマス(Salvelinus fontinalis)ニジマスがいる場所で釣れる。ルアーフィッシングでうまく釣れる。 ブラウンブルヘッド(Ictalurus nebulosus)ラベ川(エルバ川)の流域に生息する。大食いで何でも次々に食べる。 カワメンタイ(Lota lota Linnaeus)チェコのタラ科代表。謎に包まれた食肉魚で冬の夜中に現れる。 チャブ(Leuciscus cephalus)川に住む雑食魚。戦い好き。黒い尾が遠くからでも見える。 ラッフ(Gymnocephalus […]

Read more...

ルアーフィッシング

ルアーフィッシング

1. チェコで釣ることのできる魚の種類 2. ルアーフィッシングのテクニック 3. 予算とその内容 4. 日帰り釣りツアーの日程例 5. 持参するべき道具 チェコで釣ることのできる魚の種類. パイク Sander パーチ Aspius aspius ナマズ チャブ Barbus マス   パイクフィシングのテクニック. スピニングリールで釣る方法は様々です。ルアーを使った釣りのテクニックについては、数え切れないほどの本や論文が出版されています。しかしスピニングでは、まず第一に追求です。確かなキャスィングを習得することから始まって、いつどんな時にどのルアーを使えばいいのか、そしてなぜか、などガイドがあなたに説明いたします。キャッチした後、魚をどう扱うか、ということも大事なことです。最近では、重いすくい網を引っ張るのでなく、魚の口を傷つけることなくフックを簡単に抜き出す、リップグリップの人気があります。 予算とその内容. 1日のプログラム、お1人 200ユーロ 1日のプログラム、お2人で 300ユーロ 一泊二日のプログラム 300ユーロ   日帰り釣りツアーの日程例. 6:00 – ホテルにて集合 釣りの場所へ移動(約1時間) 7:00 – ライセンス作成 7:30 – 11:30 – 釣り 12:00 – 昼食 13:00 – 16:30 – 別のポイント地点での釣り 17:00 – プラハへ向けて出発 お1人さまにつき200ユーロで、移動、道具のレンタル料、ガイド料金、軽食が含まれます。 […]

Read more...