Close

Not a member yet? Register now and get started.

lock and key

Sign in to your account.

Account Login

Forgot your password?

admin  // Posts published by admin

20 Oct Posted by in ヒントマスターズ | Comments

SONA.rBall – モバイルデバイス用のソナー

SONA.rBall – モバイルデバイス用のソナー

SONA.rBall – モバイルデバイス用のソナー 数カ月前、日本の釣り雑誌「つり人」の友人の落合さんから、釣り用の商品「SONA.rBall」を作っているという株式会社CHO&Companyのニコラさんを紹介してもらいました。なんと、日本では既に大反響を受けている、スマホ連携の魚群探知機だという!8月釣りの大会と動画撮影のために訪れたシベリア、そしてチェコの川で検証さえてもらえるよう、ニコラからSONA.rBallを送ってもらいました。 時間をかけてポータブル魚探の市場を調べたら、Deeperという魚探など同じような製品がありました。   しかし、テストをしているうち、SONA.rBallの有利なところを判明しました。この2つの魚探を識別できる点はいくつかあります: Deeperがイージーモードと魚探の一般的な表示のハイブリッドの表示しか提供していないが、SONA.rBallでは両方の表示モードを切り替えることができる(フィッシュビューとソナービュー)。 Deeperのボディはプラスチックで出来ているが、SONA.rBallはシリコンとポリカーボネートで作らているので、岩、柱や船にぶつかってもとても頑丈壊れる可能性が極めて低い。 充電ができるよう、Deeperのボディを開けないといけないので、時間につれての防水機能が疑わしい。一方、SONA.rBallの充電を行うには開ける必要がなく、中の部品を水から完全に守っている。 最後に、Deeperより若干安いので、商品の選択時には大きな要因になるでしょう。   SONA.rBallを使っている間、何点かに気づき、釣り人に役立てると思うので共有します。 SONA,rBallの仕様は1m以上、40m以下の水深で定められているので、0~1mと40m以上の水深の環境で使用になる場合は表示がおかしくなる可能性がある。 やわらかい波なら表示を狂わせないが、荒い天候で使うのが難しいでしょうか。 魚種の活動は水温によってことなってくるので、画面上の右上にある水温表示は貴重な情報になっている。 SONA.rBallの重さは120gしかないので、ロッドでも投げられる。Bluetoothの距離は、オープンスペースで25~30mまで通信できることを確認できた。 初めて使おうとしたときに取扱説明書を読まずに使ってみたが、スイッチボタンを見つけなかった。よく読んでみたら、ボディの下のセンサーの影響で、SONA.rBallが着水したら電源が自動的に入るとのことが分かった。 SONA.rBallが起動中、アプリのスキャン画面で充電のステータスを確認できるが、ボディには充電の状況は見られないので、釣り始める前にフル充電にしたほうがいいと思う(最大8時間も持つ)。 下記のリンクにて、SONA.rBallのマニュアルを観覧できるので是非ご活用ください。SOBA.rBall Manual 簡単に言うと、非常に手軽く新しい釣りスポットの情報収集には大変役に立ちました。アウトドアでお試しになるなら、お見せできますのでお気軽にお問い合わせください。

Read more...

20 Oct Posted by in レポート | Comments

チェコの大自然の中

チェコの大自然の中

チェコの大自然の中 場所: オルリク貯水池 日時: 2014年10月11日 天候と水の状態: 気温18度、弱い西風、水温15度 釣りの種類: カープフィッシング 漁獲量: 三匹ブリーム、二匹こい 最も大きな魚: ブリム 1150g カスタマーレビュー: チェコの大自然の中、釣り名人・オレグさんのガイドのおかげで魚釣り、キノコ採り、ハラハラドキドキの山道ドライブを楽しむことができました。今回ルアー釣りでは残念ながら釣れませんでしたが、餌釣りでは良型のコイやフナをめでたく釣り上げることができて大変嬉しかったです。釣りが終わった後のビールも最高に美味しく、笑いに満ちた素晴らしい釣り紀行でした。 写真:   テンカラ釣りについての詳細は、カープフィッシング でご覧いただけます。

Read more...

27 May Posted by in レポート | Comments

カルロヴィヴァリ付近でのテンカラ

カルロヴィヴァリ付近でのテンカラ

カルロヴィヴァリ付近でのテンカラ 場所: カルロヴィヴァリ、テプラ川 日時: 2014年5月5日 天候と水の状態: 晴れ、気温20度、弱い西風、水温10度 釣りの種類: テンカラ 漁具とエサ: 釣竿 360cm 5:5、410cm 6:4、テンカラ用の通常の毛針 漁獲量: マスとカワヒメマスそれぞれ約15 最も大きな魚: カワマス(レインボウトラウト) 750g 特記事項: 水中に多くの花粉あり。あまりに多く、靴には黄色い跡がつくほど。日本の片桐さんのためのテンカラの模範釣り。彼にとって、人生で初のカワマスとカワヒメマス! 写真:   テンカラ釣りについての詳細は、テンカラでご覧いただけます。

Read more...

16 Apr Posted by in ヒントマスターズ | Comments

チェコの主要な釣りの種類。

チェコの主要な釣りの種類。

チェコの主要な釣りの種類。 チェコの川や湖で、何がヒットするでしょう? ヨーロッパの真ん中には50種類以上もの魚が生息しています。特に、その大部分は釣具を使って捕らえることができます。 チェコの民族的シンボルであり、またクリスマスの伝統料理であるのが、カープです。 その他、最近では、ナマズを釣る人口がかなり増えてきています。(有名なチェコのフィッシャーであるヤクブ・ヴァーグネル氏はヨーロッパオオナマズ釣りについて、400ページにわたる本を書いています。) ブリーム、ロアチ、シlヴェルブリームなどと言った魚は、もはや正真正銘の戦利品とはみなされないのです。 肉食魚の中では、ノーザンパイク、ヨーロピアンパーチ、ザンダーとアスプが優っています。とは言え、多くの釣り人達は、チェコで巨大な大きさを誇り、すべての川で見かけることのできるチャブ釣りに夢中ですが。 チェコには高い山がないものの、(クルコノシェ地方にある一番高い山々は、1600メートルに達するくらいです)マスのいる川や小河はとても多く、川マスやグレイリングの他にも、フライ・フィッシング、ルアーフィッシングではニジマスや、アメリカから運ばれたカワマスが釣れます。いわゆる「チェコのニンフ」が、まさにここチェコで現れたのには意味があるのです。 釣具を使って捕ると面白い魚の種類: コイ(鯉)(Cyprinus caprio)チェコのフィッシャーが一番好む種。ほぼどこででも釣ることができる。 テンチ(Tinca tinca)最も謎のある魚のうちの一つ。湖や池に住み、黄金色をしている。 ブリーム(Abramis brama)釣り人が好きな戦利品。大きな川や湖に住む。 ラッド(魚類)(Scardinius erythrophthalmus)美しく、子ども達が好きな魚。 よくロアチの近くに生息している。 ロアチ(Rutilus rutilus)ほぼ何にでも引っかかる。戦利品の一例であり、とても臆病。 フナ(鮒)(Carassius gibelio)テンチと共に生息する。温かな水を好む。夏によく捕れる。 ヨーロッパオオナマズ(Silurus glanis)チェコで一番大きな魚。夏の夜に、小魚をエサにして捕る。 ヨーロッパウナギ(Anguilla anguilla)ヘビの遠い親戚。5月から6月に非常にたくさん釣れ、日中にも捕れる。 シベリアチョウザメ(Acipenser baerii)輸入された種で、価値のある競争相手。ロシアチョウザメも同じ場所に住む。 ヨーロピアンパーチ(Perca fluviatilis)威勢がよく、美しい、群生する魚。よく、釣りのビギナーが最初に釣る。 ノーザンパイク(Esox lucius)川にいるワニ。戦利品の一例。釣り人の夢。 ザンダー(Sander lucioperca)川と湖の深層の騎士。とても美しくおいしい魚。 ブラウントラウト(Salmo trutta)細い川と浅瀬に生息する。どの時期でも昆虫をよく好む。 グレイリング(Thymallus thymallus)水がきれいで冷たいところにだけ住む。エレガントでやさしい魚。 ニジマス(Oncorhynchus mykiss)湖では戦利品にあたる大きさが釣れる。チェコにはアメリカから輸入された。 ソウギョ(Ctenopharyngodon idella)基本的に水中の植物を食べている。ボイラーでよく捕れる。 バルベル(Barbus barbus)川の大きな魚。幼虫やチーズでよく釣れる。ルアーフィッシングでも釣れるが。 アスプ(Aspius aspius)表面の食肉魚。大きなアスプでほとんど会うことができない。 アルブルヌス(Alburnus alburnus)群生する小さな魚。群に遭遇すれば、何百と釣ることができる。 カワマス(Salvelinus fontinalis)ニジマスがいる場所で釣れる。ルアーフィッシングでうまく釣れる。 ブラウンブルヘッド(Ictalurus nebulosus)ラベ川(エルバ川)の流域に生息する。大食いで何でも次々に食べる。 カワメンタイ(Lota lota Linnaeus)チェコのタラ科代表。謎に包まれた食肉魚で冬の夜中に現れる。 チャブ(Leuciscus cephalus)川に住む雑食魚。戦い好き。黒い尾が遠くからでも見える。 ラッフ(Gymnocephalus […]

Read more...

ルアーフィッシング

ルアーフィッシング

1. チェコで釣ることのできる魚の種類 2. ルアーフィッシングのテクニック 3. 予算とその内容 4. 日帰り釣りツアーの日程例 5. 持参するべき道具 チェコで釣ることのできる魚の種類. パイク Sander パーチ Aspius aspius ナマズ チャブ Barbus マス   パイクフィシングのテクニック. スピニングリールで釣る方法は様々です。ルアーを使った釣りのテクニックについては、数え切れないほどの本や論文が出版されています。しかしスピニングでは、まず第一に追求です。確かなキャスィングを習得することから始まって、いつどんな時にどのルアーを使えばいいのか、そしてなぜか、などガイドがあなたに説明いたします。キャッチした後、魚をどう扱うか、ということも大事なことです。最近では、重いすくい網を引っ張るのでなく、魚の口を傷つけることなくフックを簡単に抜き出す、リップグリップの人気があります。 予算とその内容. 1日のプログラム、お1人 200ユーロ 1日のプログラム、お2人で 300ユーロ 一泊二日のプログラム 300ユーロ   日帰り釣りツアーの日程例. 6:00 – ホテルにて集合 釣りの場所へ移動(約1時間) 7:00 – ライセンス作成 7:30 – 11:30 – 釣り 12:00 – 昼食 13:00 – 16:30 – 別のポイント地点での釣り 17:00 – プラハへ向けて出発 お1人さまにつき200ユーロで、移動、道具のレンタル料、ガイド料金、軽食が含まれます。 […]

Read more...

カープフィッシング

カープフィッシング

カープフィッシング

Read more...

フライ・フィッシング

フライ・フィッシング

Read more...

アイスフィッシング

アイスフィッシング

Read more...

18 Mar Posted by in 浮きの釣り | Comments

浮きの釣り

浮きの釣り

1. チェコで釣ることのできる魚の種類 2. 浮きの釣りのテクニック 3. 予算とその内容 4. 日帰り釣りツアーの日程例 5. 持参するべき道具 チェコで釣ることのできる魚の種類. Barbus Alburnus ブリーム ギベリオブナ 鯉 Gobio gobio Leuciscus idus Rutilus ラッド (魚類) Blicca bjoerkna テンチ オオバナウグイ   浮きの釣りのテクニック. ウキとは、ヒットしたことを知らせるだけのものです。安い竹の釣竿でも、現代的で何千ユーロとする高価な11メートルの釣竿でも、本質は変わりません。一番の決め手は、魚のいる場所に、必要なエサを正しく仕掛けるということです。私たちのサポートで、あなたは、釣り道具と魚に精通した本物の「ウキ」になることができるのです。 予算とその内容. 1日のプログラム、お1人 200ユーロ 1日のプログラム、お2人で 300ユーロ 一泊二日のプログラム 300ユーロ   日帰り釣りツアーの日程例. 6:00 – ホテルにて集合 釣りの場所へ移動(約1時間) 7:00 – ライセンス作成 7:30 – 11:30 – 釣り 12:00 – 昼食 13:00 – […]

Read more...

08 Feb Posted by in テンカラ | Comments

テンカラ

テンカラ

1. チェコで釣ることのできる魚の種類 2. テンカラのテクニック 3. 予算とその内容 4. 日帰り釣りツアーの日程例 5. 持参するべき道具 チェコで釣ることのできる魚の種類. ブラウントラウト カワマス ニジマス グレイリング   テンカラのテクニック. テンカラをマスターするには、そう難しくはなく、熟練されたガイドと一緒になってテクニックを30分練習すれば十分です。そして一番大切なのは、水を「読む」ことです。 予算とその内容. 1日のプログラム、お1人 200ユーロ 1日のプログラム、お2人で 300ユーロ 一泊二日のプログラム 300ユーロ   日帰り釣りツアーの日程例. 6:00 – ホテルにて集合 釣りの場所へ移動(約1時間) 7:00 – ライセンス作成 7:30 – 11:30 – 釣り 12:00 – 昼食 13:00 – 16:30 – 別のポイント地点での釣り 17:00 – プラハへ向けて出発 お1人さまにつき200ユーロで、移動、道具のレンタル料、ガイド料金、軽食が含まれます。 お2人の場合は同じ条件で300ユーロとなっています。 持参するべき道具. どんな釣り道具も、借りることができます。もしご自分の釣竿を持参されたい場合は、事前にご相談ください。

Read more...